前田病院附属腎透析センター
病院案内
診療案内
施設案内
皆様を支える透析医療チーム病診・他職種連携
腎透析センターのご案内
血管カテーテル治療
交通案内地図
求人案内
トップページへ戻ります
文字サイズ拡大
前田病院 施設案内
施設案内

良質な透析医療を提供するために各職種が協力しあって、
チーム医療を実践しています。

慢性腎不全は長年つきあう病気です。患者さんや御家族のニーズは多岐にわたります。そのため透析医療に関しても、様々な職種の総力を結集して行って行くチーム医療が求められるようになっています。当院のチームを御紹介します。

医師

 透析医療に長年従事してきた院長が中心となって、チームを作り、皆様を支えています。

以下、各職を御紹介致します。

臨床工学技士

 透析医療機器や透析技術は年々複雑化する一方です。私達はその保守・管理・点検などに、機器・システム管理のプロフェッショナルの立場で活躍しています。

看護師

 看護者は、皆様の透析生活の御不安やわずらわしさが少しでも軽減されるように努めてまいります。また、皆様との何気ない世間話や共有させて頂く時間を通して、透析生活を続けていく支えになれたら嬉しいと思って仕事をさせて頂いています。医師には直接話しにくいような事も含めてなんでも御相談下さい。

 フットケアチームも定期的に活動しており、透析の方に多い下肢の病気の早期発見や経過観察にも力を入れています。他人に足を見られるというのはちょっと抵抗がある方も少なくありませんが、透析の内シャントの管理と比べても劣らないくらい大切な日常の管理の一つです。皆様ぜひ御協力下さい。

透析療法指導看護師1名、透析技術認定士 9名

放射線技師

 当院は、シャントアクセス治療に力を入れていますので、カテーテルによる血管内手術(PTA治療)を多く行っています。シャントの血流が急に悪くなった時、閉塞してしまった時など、その日のうちにすぐ対応できるよう透析医と連絡を密にしています。もちろん、日頃から定期的に血管超音波検査を行って、シャントの不具合を早期に見つけて、閉塞する前に治療につなげる事を重視しています。他にも、頸部・心臓・腹部などの超音波・レントゲン・CTも担当し、全身合併症の早期発見に努力を重ねています。

管理栄養士

 糖尿病療養指導士・院内調理室とも協力して、透析患者さんの食事・生活などに幅広く御提案させて頂いています。

 また、外来・入院を問わず、食事メニューを日々考案し、院内の調理スタッフと共に、皆様に御提供しています。御存知のように透析食は、様々な制限があります。でも、制限ばかり厳格で、おいしくなければ長続きしませんよね。度々スタッフ会議で議論しつつ、改良を重ねています。

管理栄養士2名在籍

糖尿病療養指導士

 近年、糖尿病もしくはその疑いのある方を含めると全国で2,050万人(平成24年)にものぼります。また、維持透析に至る原因として、糖尿病は全体の約半分を占めるまでに増加しています。透析が始まった後も、網膜症や脳・心臓・下肢等の糖尿病による血管病変の発症予防・増悪防止には、ずっと取り組まなくてはなりません。「血糖値を適正に管理して行く事」が、そのために何よりも重要となります。食事・運動・お薬の事、気になるサプリやテレビで見た健康法など、私達に何でもおたずね下さい。

日本糖尿病療養指導士(CDEJ)4名・地域糖尿病療養指導士(LCDE)2名在籍

院内調理室

 管理栄養士さん達から指導や助言を頂いて、少しでもおいしい御食事を提供できるよう頑張っています。また、院内行事などの時には、私達から御提案をさせて頂く事もあります。
 制限の多い透析食ですが、少しでもおいしく召し上がって頂くために、温かいものは温かいまま、冷たいものは冷たいまま召し上がって頂けるように、温冷配膳車を使って御提供しています。時に、大きな温冷配膳車がエレベーターの入口をふさいでしまう事もありますが、出来るだけ御迷惑をおかけしないよう迅速な配膳に努めてまいりますので、御理解の程、よろしくお願い申し上げます。
 また、食中毒を発生させないよう厳格な規定と多重のチェック体制で毎日の業務にあたっております。定期的な保健所の監査・指導も頂いています。

薬剤師

 透析を受けている方の内服薬は、腎機能が悪くない方と比べて、管理が格段と難しくなります。同じ用法・用量で良い場合もありますが、用法・用量を減らしたり・変更したりしなくてはいけない場合も頻繁にあります。腎機能の悪い方には、使用禁忌の薬も多数あります。また、食前・食後などの内服方法を誤ると効果が格段と落ちる薬もあります。私たちは、学術論文、インターネット、製薬会社の薬剤情報担当者との連携、薬剤師同士の地域の勉強会などを通じて、お薬に関する最新の情報をいつも把握するようにしています。お薬の効果や副作用の事、気になる健康食品やサプリなど、何でも私たち院内薬剤師におたずね下さい。

院内薬剤師2名

送迎担当運転手

 鹿行地域は域内の公共交通網が脆弱である一方、御自身で自家用車等の移動手段を持たないいわゆる「交通弱者」の方が多数いらっしゃいます。御高齢の方も増えて来ています。週に何回も透析を受けるだけでも大変ですのに、透析後に車を運転して帰ったり、御家族が迎えにいらしたり・・・。その御負担を少しでも軽くさせて頂きたいという想いで、当院は、透析の方に無料送迎車を御用意しております。(車イスのままでも送迎車の御利用が可能ですが、いくつかの条件があり、事前の調整が必要となります) カバーできる範囲・時間には限りがありますが、できるだけ多くの方のお役に立ちたいと思っております。そして私達ドライバーは、何より「安全・安心・快適」な車内になりますよう努めてまいります。

臨床検査技士

 ≪(株)江東微生物研究所≫の臨床検査技師が院内に毎日常駐しており、主要な項目は、診療時間内であれば1時間以内に緊急検査結果を出すことができます。
(参考)江東微生物研究所のホームページはこちら

非常勤専門医

 透析を受けていらっしゃる方には様々な合併症や体調不良が出ると思います。いくら透析専門医と言っても、全てを院長が診察できる訳もありません。そこで、院長の足りない部分を補うべく、専門医の先生方が、当院へ定期的にいらして下さっています。泌尿器科・皮膚科・消化器・循環器・外科など様々な専門医の診察を当院内で受ける事が出来ます。一部の先生方は、透析以外の方の外来診療も行って下さっています。また、患者さんを診察して頂く以外に、院長に対して、透析や日常診療上の助言・アドバイスを下さっており、小規模医療機関が陥りがちな独善的な医療にならないよう指導して下さっています。

(右記全て非常勤) 透析専門医3名、泌尿器科専門医3名、腎臓専門医3名、
皮膚科専門医1名、循環器専門医1名、がん治療認定医2名

他院・他職種連携担当者

 私達の業務はとてもたくさんあります。

(1)病診連携業務

 上記のように、多くの専門医が、当院の透析患者さんの診察に来てくださっていますが、一方で、患者さんと各々の医師との「相性」というのもありますでしょうし、慢性的な合併症が改善せず、他の病院の医師の診察を受けたくなる事もあるでしょうから、当院で無理に専門医の診察を強いる事もありません。その時は、きちんとした診療情報提供書(紹介状)を作成させて頂きますので、遠慮なくお申し出下さい。

  鹿行地域内の各専門医(開業医)へ、そして、鹿行の中核病院となっている5ヶ所の医療機関へ、そして鹿行地域外の基幹病院へ、私達はいつも連携を密にしています。茨城県は、人口10万人あたりの医師数が少ない県です。加えて、鹿行地域は、その茨城県の中でも人口当たりの医師数が格段に少ない地域です。どこかの巨大病院へお願いすれば全て解決という地域でもありません。中小規模の医療機関が、それぞれの分野で支えあって、日々の医療を提供しています。

  そうした医療環境ですので、医療機関同士の相互協力は不可欠です。私達、医療連携担当者は、当院の得意・不得意な部分を分析する一方で、不得意な部分をカバーして下さる医療機関をいつも探し、連携を密にしています。(大きな医療機関では、医師の移動や退職は珍しくありませんので、情報をいつもアップデートしておく必要があります。) もちろん、内シャント治療や療養病床など、当院の重点分野については、逆に当院へ御紹介を頂く事もございます。

 また、災害時や危機管理において、身近な透析施設との連携はとても重要になりますので、鹿行地域内および近接地域の透析施設との協力・連携を重視しています。

過去5年間にお世話になった主な医療機関 【診療科を問わず:50音順】
(御紹介を頂いた場合、御紹介させて頂いた場合の双方を含みます。)
鹿嶋市 アントラーズスポーツクリニック、出津医院、井上眼科医院、大久保眼科、大野診療所、鹿嶋眼科クリニック、かしま耳鼻咽喉科医院、鹿島神宮前病院、鹿島診療所、鹿島病院、春日クリニック、鹿浦小児科医院、小山記念病院、さくらクリニック、佐竹医院、島医院、島崎外科医院、とみかみクリニック、額賀整形外科医院、早川医院、葉山産婦人科、まつおかクリニック、松倉中央クリニック、松永皮フ科クリニック、三笠小児クリニック、我妻医院
神栖市 あきら医院、かしまなだ診療所、鹿嶋ハートクリニック、鹿島労災病院、かみす眼科、神栖済生会病院、神栖皮フ科クリニック、こいえ産婦人科医院、児玉医院、五郎台ファミリークリニック、坂本医院、城之内医院、東部地区共同診療所、永木外科胃腸科医院、西尾耳鼻咽喉科医院、にへいなかよしクリニック、白十字総合病院、ひかりクリニック、人見医院、牧医院、わたなべ眼科クリニック
潮来市 飯島内科、石毛医院、潮来眼科クリニック、久保医院、常南医院、仲沢医院、延方クリニック
上記3市以外の鹿行地域中核病院及び鹿行地域外の基幹病院 亀田総合病院、国保旭中央病院、国保小見川病院、聖隷佐倉病院、つくばセントラル病院、筑波大学附属病院、JCHO千葉病院、千葉県立佐原病院、土浦協同病院、東葛クリニック病院、東邦大学佐倉病院、なめがた地域医療センター、成田赤十字病院、日本医大北総病院、水戸協同病院、水戸済生会病院、水戸赤十字病院、水戸医療センター
(50音順。件数の少ない医療機関は省略しています。)

(2)介護連携業務

 透析の方に限りませんが、鹿行地域全体として高齢の方が増加しています。公共交通網の脆弱な地域ですので、通院はおろか、日々の買い物や、入浴、生活の維持にも困る方が増えています。介護保険を始めとする公的な扶助・補助制度について、ほとんど御存知ない方も少なくありません。患者さんのニーズを見極め、必要な制度を御紹介し、また、主治医意見書など必要な書類を作成します。また、各介護事業所のケアマネージャーや介護施設、地域包括支援センターと連携を密にして、必要な介護サービスを皆様へ迅速に御紹介・仲介できるよう努めてまいります。

 ■鹿嶋市にある4ヶ所の地域包括支援センターについてはこちら
 ■神栖市の地域包括支援センターは こちら
 ■潮来市の地域包括支援センターは こちら
 ■鉾田市の地域包括支援センターは こちら
 ■行方市の地域包括支援センターは こちら
 ■香取市の地域包括支援センターは こちら

(3)行政との連携

 上記(2)に重なりますが、透析関連の公的手続き書類、介護保険や様々な公的扶助・補助制度の書類作成、行政への連絡などの業務も、私たちが承っております。

(ただし、広域大震災などの災害時透析ネットワークや、新型インフルエンザのような危機管理案件における行政との連携は、院長と院内災害対策委員会が担当しています。)

前のページに戻ります
前田病院 茨城県鹿嶋市宮中5201  電話 0299-83-1122(代表)
サイトポリシープライバシーポリシーHOME
Copyright (C) 2013 MAEDA HOSPITAL. All Rights Reserved.